コース案内・お申込みから認定証書授与までの流れ


知的資産経営アカデミー

申込みボタン
 金額 36,000円  受講期間 1年間  受講時間目安 約555分
 概要
 知的資産経営アカデミーは、インターネットを使って合成音声とスライドアニメーションで、知的資産経営の基本を学ぶ学習システムです。ご入会いただいてから1年間、何度でも教材を見ることが出来ます。また、各巻毎にpdfの資料も用意させて頂きましたので、必要に応じてダウンロードして、学習を進めて頂ければと思います。

 内容は知的資産経営の基礎を第一巻から第四巻までにまとめ、知的資産経営で中小企業を支援する方々へ最低限知っていて欲しい部分を教材として取り扱っています。
 全ての教材を学習し終わると知識認定テストを受ける事ができます。
 知識認定テストに合格すると、一般財団法人知的資産活用センターが知的資産経営の基礎的な知識があるもととして、認定する、「知的資産経営認定士」として登録することができるようになります。(これは一般的な資格ではなく知的資産経営の基礎的な知識があるという認定です)

【注意点】
基本的に情報が商材となるものですので、一度IDとパスワードを発行してしまいますと、キャンセルが出来ませんのでご注意下さい。
 内容
【第一巻】
第一章 知的資産経営の基礎知識(前半)【14:45】
第一章 知的資産経営の基礎知識(後半)【17:45】
第二章 日本型知的資産経営(前半)【50:00】
第二章 日本型知的資産経営(後半)【20:50】
第三章 知的資産経営と会計 【54:00】
第四章 知的資産経営と知的財産(前半)【42:40】
第四章 知的資産経営と知的財産(後半)【27:40】
第五章 知的資産経営とファイナンス【45:35】
第六章 知的資産経営と信頼性の担保【24:10】
第一巻 パスワードの確認

【第二巻】
第一章 知的資産経営と知的資産経営報告書の意義【30:20】
第二章 知的資産経営報告の体系【11:05】
第三章 開示対象と開示目的を考慮した報告書の見える化【12:05】
第四章 知的資産経営報告書の作成【43:33】
第四章の2 将来に向けた価値創造のストーリー【6:55】
第五章 知的資産経営報告書の効果【23:35】
第二巻 パスワードの確認

【第三巻】
第一章 知的資産経営報告書作成支援者の役割【6:10】
第二章 知的資産経営報告書の作成支援者に求められるもの【7:00】
第三章 知的資産経営報告書を支援するために支援者が必要とするスキル【10:33】
第四章 支援者に求められるモラル【17:32】
第五章 健全な業界育成のために【4:30】
第三巻 パスワードの確認

【第四巻】
第一章 日本の事例解説 製造業における知的資産経営報告書の事例【11:05】
第二章 日本の事例解説 関係資産の構築と活用【7:35】
第三章 日本の事例解説 人的資産の維持・強化と構造資産の活用【10:15】
第四章 日本の事例解説 人的資産、構造(組織)資産、関係資産の有機的結合【13:05】
第五章 海外における知的資産経営の実情【46:30】
第六章 テリアソネラ社の知的資本測定モデル【30:35】
第四巻 パスワードの確認

知識認定テスト
【推奨PC環境】
パソコン Windows® Mac®
OS Windows® 7
Windows Vista®
Windows® XP
OS X v10.7 (Lion)
Mac OS X v10.6 (Snow Leopard)
Mac OS X v10.5 (Leopard)
ブラウザ Internet Explorer®7以上(8以上推奨)
Mozilla Firefox 3以上
Safari 3以上
Mozilla Firefox 3以上
CPU Intel® Core™2 1.0GHz 相当以上のプロセッサーを推奨 PowerPC G4、800MHz 以上
Intel x86 プロセッサ搭載
メモリ 1GB以上(Windows XP®の場合には、512MB以上)
モニタ 解像度1024 x768、16 ビット以上を表示可能なカラーモニタ
プラグイン FlashPlayer® 9.0.115 以上
環境 インターネット接続環境(回線速度:ブロードバンド以上)

※OS及びブラウザの環境につきましては、Adobe FlashPlayer®のシステム条件に依存します。
詳細はAdobe社Webサイトでご確認ください。


お申込みから認定証書授与までの流れ

お申込みから認定証書授与までの流れ



特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー